転職・ネーベン

年収 3000万円 も可能!美容医師(美容外科・美容皮膚科)への転職

更新日:

 

ドクターP
ドクターP

こんにちは、総資産一億円をめざすアラフィフ貧乏勤務医ドクターPです。

 

短期間で資産形成するためには、転職がもっとも近道です。

でも、どんな仕事を選ぶべきか悩みますよね。

候補にあがるのが、超高額年収の美容医師(美容外科・美容皮膚科)

皆さんも一度は目にしたことがあると思いますが、年収2000万円以上もフツーですし、仕事もそんなにきつくなさそうですし。

年収アップを目指して転職を考えている時には、少なからず心が動きますよね。

ただ、おいしい話には落とし穴があることも・・・

 

ということで、今回は、美容医師について、どんな仕事なのかを調べてみました。

 

年収アップにこだわるなら美容医師(美容外科・美容皮膚科)

 

転職するにあたっての条件は、

 

・今より収入が大幅にアップする(できれば年収2000万円以上)

・これまでのキャリアが生かせる

・当直・緊急の呼び出しがない

・勤務時間が決まっている(残業がない)

・週休2日

・やりがいがある

 

などでしょう。

ちょっと贅沢すぎるでしょうか?

でも、これらの条件を満たす案件があるのです。

 

ドクターP
ドクターP

それは、美容医師(美容外科、美容皮膚科)です!

 

でも、美容医師って何?どんな仕事なの?テレビのCMでやってるやつ?

ということで、調べてみました。

美容医療とは?

 

そもそも美容医療とは何でしょうか?

 

美容医療とは「様々な医療技術を用いて人の容姿をより良い状態にする医療」です。

国家資格である医師免許を持つ者が行う「医療」という点で、「サービス」が行われる法的規制のない営業のエステティックと区別されます。

https://www.j-cosme.org/column-instructor/higuchi-a_20180330/

 

簡単に言うと、美しくなるための「医療行為」でしょうか。

エステでは医療行為は行えませんが、美容医療では手術や注入などの医療行為が行えます。

この美容医療を行う医師のことを、「美容医師」と呼びます。美容医師としては、あの高須クリニックの高須院長が有名です!

 

では、美容医療とは、具体的にはどんな仕事なのでしょうか?

美容医師の主な業務とは?

美容医療には、おもに手術などを担当する「美容外科」と、レーザー治療などを担当する「美容皮膚科」があります(オーバーラップしているクリニックも多くあります)。

それぞれの業務内容について、ドクターコネクトから引用します。

美容外科の業務

美容外科は、カウンセリングから施術・オペまで、様々な業務に携わります。

具体的には、以下の業務があるようです。

カウンセリング(診察・問診)

施術 (オペ・処置)
習得した技術を患者様に提供する業務となります。
クリニックやスキルによって担当する施術範囲は異なり、より多くの技術を得る為の研修制度を設けているクリニックも多くあります。

< 施術例一部 >
脂肪吸引/二重埋没法/ボトックス注射/ヒアルロン酸/BNLS/ヒアルロン酸豊胸/目頭切開/二重切開/鼻プロテーゼ/ 鼻尖修正/耳介軟骨移植/タレ目形成/豊胸術シリコン/眼瞼下垂/顎のプロテーゼ/フェイスリフト/ハムラー法/ KRリフト/メソセラピー/FGF/下瞼裏脱脂/ヒアルロン酸豊胸/小陰唇縮小術/副皮除去/全切開法二重術/ ベイザーシェービング法/マイクロリポサクション/アイバックリムーブ/人工真皮移植/コンデンスリッチ脂肪注入/ 大胸筋下/陥没乳頭/乳頭 縮小術 /乳頭 縮小術/乳輪 縮小術/他

 

美容皮膚科の業務

自由診療がメインとなる美容皮膚科は、脱毛・レーザー・AGA・注入・アンチエイジングといった施術が主になるとのことです。

以下に、業務内容を引用します。

■ 診察・施術方針
美容皮膚科では主に、カウンセラーが患者さまお一人おひとりのお悩みや希望を伺います。その後、施術方針や判断を医師がおこないます。

■ レーザー (しみ取り・しわ取り・刺青除去・美白)
患者さまの希望や、原因に対して適切な施術を行います。
医師が直接施術するケースもあれば、看護師が担当するケースもあります。

■ 脱毛
エステとは違い、医師監修の元に扱える照射出力の高いレーザー脱毛機器を扱います。
指導後は看護師が担当するケースがほとんどです。

■ 注入 (ヒアルロン酸・ボトックス・水光注射 等)
しわ取り・ワキガ・涙袋等の注入施術です。適切な場所への注入・医師の技術が求められます。

■ リフトアップ (超音波・美容針)
美容皮膚科は美容外科と違い、切開施術をおこないません。
超音波機器や美容針を使用し、肌のハリ・小じわ・ほうれい線を引き上げます。

■ AGA (薄毛治療)
AGA専門のクリニックもありますが、「美容皮膚科」の施術メニューの中に「AGA(薄毛治療)」を設けているクリニックも多くあります。

ということで、色々ありますね。

では、気になる年収はどのくらいでしょうか?

美容医師の平均年収

ドクターコネクトによると、美容医師の平均年収は、

<平均年収> 1500万円〜2200万円

だそうです。

平均ですから、もっと稼ぐこともできるでしょう(もちろんクリニックによって違いますが・・・)。

なかには、こんな案件もあります!

 

ドクターP
ドクターP

年収 2200万~3000万円!

気になりますね(笑)。

 

美容医師になるには?

美容医療専門の転職サービス

美容医師への転職に興味がある方は、美容医療・自由診療に特化した医師転職エージェントドクターコネクトに登録しましょう。

【美容医療支援実績15年】Dr.connect|美容外科・美容皮膚科の医師求人・転職ドクターコネクトにお任せ下さい

専門のスタッフが、あなたの美容医療への転職をサポートしてくれます。

 

実際のドクターコネクト求人・転職サービスの流れを紹介します。

 

1.条件にあった求人の提供

2.面接の予約:予約はドクターコネクトが取ってくれます

3.各クリニックの面接対策

4.面接シミュレーション:希望があれば模擬面接

5.面接同行

6.面接後の安心フォロー

以上です。

 

ドクターP
ドクターP

私の場合は、(美容医師ではありませんが)転職がうまくいって年収が倍ちかくになりました!

 

医師が転職によって年収 1000万円 アップをめざす方法:実際の事例より

 

だれでもなれるの?

基本的には、外科や皮膚科だけでなく、どの診療科からも転職できるようです。

実際に、他科からの転科希望が多いそうですが、スキル・経験・治療以外にも美容療法の知識やお客様に対するサービスコミュニケーション能力が求められるとのことです。

ただ、多くの場合、数か月間の研修期間がありますので、経験がない医師でもトライすることはできます。

 

ドクターP
ドクターP

短期間で資産形成を目指すなら、チャレンジしてみる価値はあると思います。

The following two tabs change content below.

ドクターP

地方の病院で働いている貧乏なアラフィフ勤務医です。貯金ゼロのどん底を経験しました。50歳から人生を逆転し、短期間で1億の資産を構築する方法を皆さんとシェアします。 ☞ よろしければフォローお願いしますm(__)m

-転職・ネーベン

Copyright© 医師の資産形成ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.