副業 転職・ネーベン

医師のお金の稼ぎ方を考える:まだ忙しいバイト(当直)で消耗してるの?

更新日:

ドクターP
こんにちは、1億円の資産形成をめざすアラフィフ勤務医のドクターPです。

「まだ忙しいバイト(当直)で消耗してるの?」

と、イケハヤ風のタイトルからはじめてみましたが、

今回は、忙しいアルバイトで消耗している医師のみなさんに比較的ラクで、生活の質を落とさないお金の稼ぎ方を紹介します

 

医師が収入を増やす方法にはいくつかあります。

医師が収入を増やす方法

  • 転職して給料の高い病院に勤める
  • アルバイト(ネーベン)に精を出す
  • 副業をする

このうち、多くの医師が実際にやっているのが、アルバイトをたくさん頑張るという選択肢でしょう。

たしかに手っ取り早いですよね。

たとえば、定期のアルバイトをゲットすれば、確実に収入アップにつながります。

とくに当直や忙しい外来は給料が高いですよね。

ただ歳をとると、当直や救急外来などのハードな仕事は、体がうけつけなくなってきます。

じっさい、アラフィフの私も、最近きついバイトはできるだけ断るようにしています。

そこで、忙しいバイトで消耗している医師の皆さんへ、収入を増やすための「よりQOLを重視した選択肢」を提案します。



医師が楽にお金を稼ぐ方法(1)忙しくないアルバイト(スポット)案件を探す

忙しくないアルバイトのいい点は、仕事そのものが楽なだけでなく、バイト中にも自分の仕事(論文を読んだり、アンケートに答えたり、副業など)ができることです!

つまり、時間を有効利用して、2~3倍もの収入を得ることができるのです

一般的に、療養型病院、老健施設、精神病院などの日勤(病棟管理)はあまり忙しくなく、楽な傾向にあります。

逆に避けたいバイト案件は、市中病院の外来、救急外来の日当直、急性期病院の当直(さらにベッド数が多ければ、急変や看取りなど呼ばれる確率が高くなります)です。

一般的に「高額のバイト=忙しい仕事」と考えていいでしょう。

皆さんも、値段につられて引き受けてしまい、「一睡もできなかった」という経験もあるでしょう。

また健康診断のバイトは、仕事自体は楽なのですが、移動に時間がかかったり、検診者が途切れないことも多く、思ったより忙しいのでおすすめしません。

理想的なアルバイトを探す方法については、こちらの記事をどうぞ!

医師が楽にお金を稼ぐ方法(2)給料が高い職場に転職する

これが、勤務時間を増やさずに収入を増やす最も楽な方法でしょう。

診療科によっては、年収2000万円以上も可能です。これだけもらえれば、アルバイトする必要はありません。

ただ、転職するには、いくつか解決しないといけない問題があります。

ドクターP
実際に私も悩んだ末に転職しましたが、今ではよかったと思っています。

転職しようかどうか悩んでいる人は、こちらの記事をどうぞ!

医師が楽にお金を稼ぐ方法(3)副業(複業)で稼ぐ

医師免許が役に立つのは、医師の仕事に限りません。

じつは、医師が副業(医師以外の仕事)をするメリットは多いのです

たとえば、ブログ(アフィリエイト)クラウドソーシング、本の出版などの副業は、医師としてのアドバンテージを生かすことができます。

私の場合も、これらの副業から月10~30万円の副収入を得ることができています。

これらの副業は、お金になるばかりでなく、情報発信、セルフブランディング、人脈形成、またスキルアップにもなります。

大げさですが、人間としての幅が広がります。

さらに、仕事自体がとても楽しいというメリットもあります。

ですので、忙しい病院のアルバイトで精神的・体力的に消耗するよりは、副業で稼いだ方がいいと思います。

まとめ

以上をまとめると、

医師が比較的ラクに稼ぐ方法は

  1. 忙しくないアルバイトを選ぶ
  2. 給料のいい職場へ転職する
  3. 副業(複業)で稼ぐ

です。

きつい当直を続けているドクターの皆さん、無理してがんばってると、体をこわしますよ!

まだ忙しいアルバイトで消耗してるの?
The following two tabs change content below.

ドクターP

地方の病院で働いている貧乏なアラフィフ勤務医です。貯金ゼロのどん底を経験しました。50歳から人生を逆転し、短期間で1億の資産を構築する方法を皆さんとシェアします。 ☞ よろしければフォローお願いしますm(__)m

-副業, 転職・ネーベン

Copyright© 医師の資産形成ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.