資産運用

【保存版2019】医師の資産形成まとめ:転職、アルバイト、副業、節税、運用(投資)

更新日:

 

ドクターP
はじめまして! 短期間での資産形成を目指すアラフィフ勤務医のドクターPです。

 

この記事では、全体の流れとして「医師が短期間で資産形成するためにはどうしたらよいか?」についてまとめてみました。

目標としては、まずは10年以内に1億円の資産をつくることを考えています!

そのためには何をすればよいかを解説していきます。

 

この記事を読むと、資産運用初心者のドクターが、

  • お金(資産運用)についての勉強法がわかる
  • 医師が転職で年収をアップするコツがわかる
  • 医師がやるべき副業の方法がわかる
  • 医師にとってベストの資産運用(投資)法がわかる

ということで、メリットだらけです!!

ぜひ、最後までお付き合いください。



医師はお金の知識がない?投資初心者の医師は「お金の勉強」をしましょう!

皆さんの中には、私のように「お金の知識」が少ないドクターも多いのではないでしょうか?

それもそのはずです。

だって、医師はある程度の収入はありますし、また日々の仕事が忙しいので、お金(資産運用など)についてゆっくり考えたり、勉強する機会はほとんどありません!

私は数年間に、「預貯金ゼロ」だったにもかかわらず、新築一軒家を購入してしまい、借金生活の「どん底」を経験しました。

ローンの返済に追われ、まさに自転車操業でした。

「これではいけない」と一念発起し、必死にお金の勉強をしました。

貯蓄・節約・資産形成・資産運用・投資などについてのセミナーに参加したり、お金に関する本を読みあさりました!

なかでも、こちらのファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」は初心者の私にとても役立ちました↓


 

また、資産運用の初心者ドクターには、こちらの本がオススメです。

 

ということで、まずはお金の勉強をしましょう!

そして、医師が短期間で資産形成するためにはどうしたら良いかを一緒に考えていきましょう。

医師が短期間で1億円の資産形成するための戦略とは?

経済的自由を獲得する総資産1億円へのロードマップ

まずは、医師の資産形成の最終ゴールはいくらに設定すべきなのでしょうか?

もちろん将来設計や、求める生活のレベル(あるいは老後にかなえたい夢)によって、この目標額は違ってくるわけですが、一般的には、「経済的独立」のために目標とすべき最低限の資産額は「1億円」とされています

では、まずは「10年以内に1億円の総資産をつくる」という計画を立てて、これを具体的に実行していきましょう!

医師が資産形成する場合には、以下の4つの戦略があげられます。

1.転職・アルバイト(ネーベン)によって年収アップ

2.副業によって複数の収入ルートをつくる

3.節約・税金対策する

4.投資によって資金運用

これを図で表すと、以下のようになります。

では、それぞれについて解説します。

医師の資産形成:その1.転職・アルバイト(ネーベン)

より収入が多い職場へ転職する。

あたりまえですが、これが資産形成のための一番手っ取り早い方法だと思います。

私の場合、「大学病院の給料が安すぎたこと」が、転職のきっかけとなりました。

よい転職先の探し方

転職を成功させるためには、医局を円満に辞めること、収入面を含めしっかりと条件を提示すること、自分のキャリア、スキルをアピールすること、早くから活動すること、そして、よい転職エージェントに登録することなどが大切です。

わたしの場合、医療従事者向けポータルサイト「m3.com」をいつも見ていたこともあり、エムスリーキャリアにお願いしました。

まずは、無料の登録をして転職(常勤)の希望を伝えると、担当スタッフ(専門の転職コンサルタント)から連絡があります。

年収、ポスト、勤務日、務時間、当直の有無、有給休暇、学会の費用補助など、細かく条件を設定し、担当スタッフに伝えました。

スタッフの方と何度かメールでやりとりし、いくつかの候補となった病院へ面接に行きました(もちろん面接にはスタッフが同行してくれました)。

そのうちの一つに決めましたが、結果的に希望の条件で転職することができました。

収入に関しては、(額面で)年収1000万アップを達成することができました

 

転職についての詳細は、こちらの記事をどうぞ!

 

また、年齢に関しては、40代以上(50代・60代)でも転職を考えるべきだと思います。

その理由と、おすすめの転職サイトを紹介しています。

より高収入の仕事を探すなら、美容外科美容皮膚科への転職を考えましょう。

年収3000万円も夢じゃありません!

アルバイト(非常勤、スポット案件)の探し方

転職すると同時に、高収入のアルバイト(ネーベン)を探してみましょう。

いい案件をゲットするコツは、複数の医師アルバイト紹介サービスに登録しておき、つねにアルバイトの情報を見ておくことです。

以下の医師アルバイト紹介サービスに無料登録しておくことをおすすめします。

医師バイトドットコム

マイナビDOCTOR

民間医局 ドクターエージェンシーシステム

また、年末や連休前には高額のアルバイトが市場にでてきますので、これを逃す手はありません。

民間医局に登録し、高額アルバイトをこまめにチェックしましょう。

転職+新規の高額アルバイトで年収を今の2倍にしましょう。

フリーランス医師になる

今後は、特定の病院に所属せずに、非常勤のアルバイトだけで生きていく「フリーランス医師」になるのも選択肢の一つでしょう。

実際に、麻酔科や婦人科のドクターにはフリーランスになる人も増えているとのことです。

医師の資産形成:その2.副業(複業)

資産形成のために、転職の次におすすめするのは、副業をはじめることです

副業を持つことで、単に収入が増えるだけでなく、複数の収入ルートを確保することができます

もし病気などで本業の収入が減ったり、最悪なくなったとしても、副業があると、収入がゼロになるリスクを減らすことができます。

ちなみに副業といっても、外の病院での日直や当直のアルバイトのことではなく、医師業以外の仕事のことです。

医師におすすめの副業としては、以下のものがあります。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネット上でさまざまな仕事のマッチングを行うサービスで、ここ数年で急激に成長している副業プラットフォームです。

ランサーズクラウドワークスなどが有名ですね。

やり方も非常に簡単で、ランサーズなどのサイトに登録し、クライアントが提示する案件(タスク)に応募するか、自分の得意なことを商品として出品する方法があります。

ちなみに登録は無料ですし、ペンネームでもできるので、身バレしません。

医師の場合、医療系記事の執筆・監修、医学翻訳、健康相談、などの仕事が考えられます。

こんな感じです↓

クラウドソーシングで稼ぐには、とにかくいくつかの会社に登録しておき、クライアントからの連絡を待つことです。

とくにおすすめは、私も月に4~5万円ほど稼いでいるランサーズです。

詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

ブログ(アフィリエイト)

ブログで情報発信し、アクセス(見に来てくれる人)を集め、広告収入を得ることができます。

「ブログ飯」という言葉もありますが、なかにはブログだけで食べていけるほど収入をあげている人もいます。

医師の場合、専門性を生かしてブログを書くことができるというメリットがあります。

私も医療系のブログを運営していますが、月に10~30万円の収益(アドセンス+アフィリエイト収入)があります。

詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

本(書籍)の出版

本の執筆・出版も副業となります。

文章を書くのが好きなドクターにはおすすめします。

もちろん本が売れなければ数十万円にしかなりませんが、もしベストセラーになった場合、印税が数百万~数千万円にもなることがあります。

また、本を出版することは最高のセルフブランディングであり、お金以外のメリットもたくさんあります。

その他

医師におすすめの副業はまだまだあります!

ぜひ、チャレンジしてみてください。

医師の資産形成:その3.節約・税金対策(節税)

節約術

いくらお金を稼いでも、浪費していたらお金は貯まりません。

とくに「医師は見栄を張るために派手な生活をすることが多い」という研究結果(?)まであり、高収入にもかかわらず、お金が貯まらない原因となっています。

まずは、「どうして医師はお金が貯まらないか」を考えてみましょう。そこから節約のポイントがみえてきます。

では、具体的に「医師におすすめの節約術」を紹介します。

医師の節約術1:医学書は安く買う

医学書は高価です。できるだけ安く買って節約しましょう。

医師の節約術2:医師賠償責任保険には安く加入する

医師の場合、医師賠償責任保険は絶対に加入すべきですが、掛け捨てですし、長い目でみるとかなりの金額になります。

少しでも安いところに加入して、節約しましょう。

税金対策(節税)

医師の場合、収入が多い反面、必然的に税金も多くなります

せっかく稼いだお金をできるだけ手元に残しておくためには、節税が重要なポイントとなります。

医師がすべき税金対策(節税)がいくつかあります。

医師の節税1:ふるさと納税

まず、絶対にした方が良いのが「ふるさと納税」です。

ふるさと納税とは、政府が地方自治体の活性化を目的に儲けた制度であり、全国の応援したいと思う自治体に寄付ができる仕組みのことです。

寄付した金額はその年の所得税より還付され、さらに翌年の住民税より控除されます。

つまり、(実質2000円の手数料で)寄付したお金が返ってきて、しかも返礼品がもらえるというとてもお得な制度です。

年収が高いほど寄付できる金額も高くなるため、医師は絶対にすべき節税対策なのです。

医師の節税2:iDeCo(イデコ)

次に、医師がやるべき節税対策は、個人型確定拠出年金(iDeCo)です。

iDeCoは、掛金を「投資信託」や「定期預金」などによって自分自身で運用しながら積み立てて、60歳以降に受け取るしくみです。

簡単に言うと、「運用によって老後資金を自分で作れ、節税にもなるお得な制度」です。

  • 掛け金が全額「所得控除」され、毎年税金が戻ってくる
  • 運用中に得た利益に税金はかからない
  • 運用資産を受け取る時も、節税できる

といったメリットがあります。

私自身、iDeCoを始めたばかりですが、近いうちに運用実績などを報告します。

医師におすすめの節税法です



医師の資産形成:その4.投資(資産運用)

最後は、稼いだお金を種銭として投資し、資産運用することです

つまり、「お金に働いてもらう」という考え方です。

医師が投資すべき対象として、以下のものがあります。

1.不動産投資

医師の資産運用といえば、やはり「不動産投資」でしょう。

医師は融資を受けやすく、レバレッジを効かせやすいこと、また、不動産投資ではキャピタルゲイン(不動産を売却したときに得られる売却益)に加え、毎月、インカムゲイン、すなわち比較的「高い利回り」で安定した家賃収入が得られるというメリットがあります。

一方で、不動産投資には、借金、空室(家賃滞納)あるいは地震・火災など、さまざまなリスクもあります。

悪徳業者にすすめられるままに新築マンションを購入してしまい、負債を抱えてしまう医師もいます。

まずは、不動産投資についてしっかりと自分で勉強しましょう

2.ソーシャルレンディング

個人的には、ソーシャルレンディングが最もおすすめの資産運用法です。

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい会社(借り手)とお金を運用して増やしたい人(貸し手)をマッチングするサービスです。

ソーシャルレンディングの魅力は、なんといっても利回りが高いこと、少額からはじめられること手間がかからないこと、そして比較的保全性が高いということです。

私自身、ソーシャルレンディングを「利回り5%以上の定期預金」といった感覚で利用しています。

例えば、OwnersBook(オーナーズブック)で50万円を6ヶ月間、利回り5.2%で運用し、12,698円の利益を得ました↓

ソーシャルレンディングについてはこちらの記事をどうぞ

3.ロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは、ロボットつまりAI(人工知能)を使って、投資信託など金融商品に最適の投資をおこなう自動システムのことです。

お金を入金し、ロボアドバイザーの質問等に答えて投資方針を決めるだけで、後は放置しておくだけで、ロボットが方針に従って勝手に運用してくれます。

ロボアドバイザーのなかでも一番のオススメがウェルスナビで、預かり資産は1100億円(2018年11月)を超える人気急上昇中の資産運用サービスです。

通常の投資信託の積み立て運用では、資産配分の決定や金融商品(ファンド)の選定、買い付け、再投資、リバランスなどは自分でやらなければいけませんでした。

しかし、ウェルスナビでは、この全行程をAI(人工知能)がすべて自動でやってくれます。

(私のように)投資信託について全くの初心者でも、目標とする金額やリスク許容度に合わせてロボットが一人ひとりに合った資産配分を自動で設定し、最適な資産配分を構築してくれます。

ですので、このように高いリターンが期待できます(運用開始わずか2ヶ月たらずで+8.7%になりました)↓

 

ウェルスナビのはじめ方や実際の運用状況はこちらの記事で紹介しています。

4.株式投資

資産運用として株式投資を行っている医師も多いようです。

ただし、忙しい医師はトレーダーのように一日中株価をチェックできませんので、長期にわたって運用することが一般的です。

また、株の暴落などによって一瞬で資産を失うリスクもある投資方法です。

株式投資をはじめるのであれば、専門家(実際に株のトレードで稼いでいる人)のアドバイスを受けるか、ある程度自分で勉強してからはじめることをおすすめします。

 

まとめ

医師が短期間で資産形成するためには、

1.転職・アルバイト(ネーベン)によって年収アップ

2.副業によって複数の収入ルートをつくる

3.節約・税金対策する

4.投資によって資金運用

の4つの柱が必要です。

ドクターP
これらの4つを意識しながら、早期に資産形成し、ハッピーリタイアを実現しましょう。
The following two tabs change content below.

ドクターP

地方の病院で働いている貧乏なアラフィフ勤務医です。貯金ゼロのどん底を経験しました。50歳から人生を逆転し、短期間で1億の資産を構築する方法を皆さんとシェアします。 ☞ よろしければフォローお願いしますm(__)m

-資産運用

Copyright© 医師の資産形成ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.