資産運用

【医師の資産運用】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」で未公開株に投資

更新日:

ドクターP
こんにちは!アーリーリタイアメントを目指して資産形成中のドクターPです。

 

今日は、医師の資産運用としておすすめのFUNDINNO(ファンディーノ)についてです。

 

「ベンチャー企業の未公開株で大もうけ!」といった夢は誰でも持っているのではないでしょうか?

一攫千金の夢ですね!でも、どうやって未公開株って買うの??

一般の人が未公開株を入手することは難しいのですが、株式投資型クラウドファンディングサービスによって、少額から投資することが可能となりました。

それが、日本発の投資型クラウドファンディングFUNDINNO(ファンディーノ)です。

この記事では、以下について解説していきます。

この記事の内容まとめ

  • 株式投資型クラウドファンディングとは何か?
  • FUNDINNO(ファンディーノ)のメリット
  • FUNDINNO(ファンディーノ)のデメリット
  • 実際の気になる投資案件を紹介

以上です。

では、早速みていきましょう。

株式投資型クラウドファンディングFUNDINNO(ファンディーノ)とは?

FUNDINNO(ファンディーノ)は、2017年3月より日本クラウドキャピタル社によって始まった日本初の株式投資型クラウドファンディングで、成長が見込まれるベンチャー企業などの未公開株(非上場株式)を少額から購入することができるサービスです。

将来、投資した会社がIPO(新規上場)あるいは高値でM&A(合併・買収)された場合、配当金を受け取ることができます

まだ始まったばかりにもかかわらず、2019年7月現在で

  • 登録ユーザー数 17,276 人
  • 累計成約数 58 件
  • 累計成約額 21 億 2708 万円

と急成長しています。

さらに詳しく知りたい方は、以下の動画をご覧ください。

FUNDINNO(ファンディーノ)のメリット

1.個人が少額から非上場株式に投資できる

FUNDINNO(ファンディーノ)では、個人が少額から未公開株に投資できるというメリットがあります。

投資した会社がIPO(新規上場)あるいは高値でM&A(合併・買収)された場合、数倍の資産を得られる可能性があります

なかには上場によって株価が10倍や20倍にも跳ね上がることさえあります。

たとえば、あの有名なYahoo(ヤフー)の株価は、IPO時の公募価格は70万円(実際の上場初値は200万円)でしたが、その後、数年でなんと1億6790万円(およそ1千倍)まで株価が上昇したという伝説があります。

とくに小さい会社のほうが大きく成長しやすいため、株式投資型クラウドファンディングでは一攫千金が狙えるというわけです。

2.応募企業を厳正に審査

FUNDINNOで取り扱っている案件は、厳正な審査によって選ばれています

将来的にスケールする可能性のある会社かどうか?革新性はあるか?独自性はあるか?といったような明確な方針に基づいて判断されます。

審査過程は、公認会計士等専門知識を有する者を中心としたチームで行い、また、審査会議においては多数決ではなく、審査員全員一致でなければ通過することができないという厳格な審査を行っています。

3.ベンチャー企業をスタート当初から応援できる

自分が応援したい将来有望な企業の株主になれます

また、FUNDINNOでの資金調達後の会社をフォローするため、事業計画と実績の管理やサポート、追加の資金調達の提案などを行っているとのことです。

4.エンジェル税制の優遇を受けられる

ファンディーノの案件の中には、エンジェル税制の適用対象となるものがあります。

エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資を促進するために、ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇を行う制度で、投資した金額に応じて所得税の優遇措置が受けられます

 

このように、FUNDINNOのメリットはたくさんあります。

未公開株をゲット!

ファンディーノのサイトはこちら

※医師が投資するなら非上場株式

FUNDINNO(ファンディーノ)のデメリット

一方で、FUNDINNOなど株式投資型クラウドファンディングで購入する株のデメリットをあげてみます。

  1. 非上場株式なので、換金性が著しく劣る。
  2. 元本が保証されていない。
  3. 配当金の支払いが約束されていない。
  4. 株式に譲渡制限がついている場合があり、売買をしても権利の移転が認められない場合がある。
  5. 株式価値が失われるおそれがある。

まあ、投資にリスクはつきものですが、このようなデメリットがあることを知っておきましょう。

とくに「元本が保証されていない」ということに注意が必要です。

例えば、投資した企業が将来的にIPOもM&Aもされなければ、ほとんど価値のない株式をずっと持ち続けないといけないことになります。

まさにハイリスク・ハイリターンな投資といえるでしょう。

実際の気になる案件を紹介

実際の(過去の)投資案件を紹介します。

この医療に関する案件はとても気になっていたのですが、人気があり、残念ながらあっという間に募集終了となってしまいました。

次世代光センサーで血糖値解析を目指す!!深センサプライチェーンを活用「クォンタムオペレーション」

株式会社クォンタムオペレーションが開発したバイタルバンドと呼ばれるウェアラブルデバイスへの投資案件です。

このバイタルバンドは、独自開発の光センサー、6軸ジャイロセンサー、血流測定光学センサー、心電計測電圧センサーを組み合わせたデバイスで、24時間定期的に血圧、心電図、血中酸素飽和度などが高精度に測定できるとのことです。

このようなバイタルデータを日々の中で継続的に計測し、そのデータを診断に生かしていくことが可能となれば、多忙な現代人でも日々の中での三大疾病の重症化防止や予兆に気づく事ができ、早期治療が可能となることが期待されます。

光センサーでリアルタイムに血糖値が測定できるなんてすごいと思いませんか?

「これは成長間違いなし!」の会社と思ったのですが、投資できずに残念です・・・

 

このように、ファンディーノでは魅力的な案件が多数紹介されています。

実際にFUNDINNOのサイトからごらんください。

まとめ

FUNDINNO(ファンディーノ)は、日本初の株式投資型クラウドファンディングで、成長が見込まれるベンチャー企業などの未公開株(非上場株式)を少額から購入することができるサービスです。

投資した企業がIPOまたはMAすれば高額な配当が期待できるため、10万円が100万円や200万円になる可能性だってあります

反面、元本保証がないというデメリットもあり、ハイリスク・ハイリターンの投資です。

ただ、純粋に応援したい会社の未公開株を買うだけでも楽しいと思います。

ドクターP
私と一緒に一攫千金を目指しましょう!

未公開株をゲット!

ファンディーノのサイトはこちら

※医師が投資するなら非上場株式

The following two tabs change content below.

ドクターP

地方の病院で働いている貧乏なアラフィフ勤務医です。貯金ゼロのどん底を経験しました。50歳から人生を逆転し、短期間で1億の資産を構築する方法を皆さんとシェアします。 ☞ よろしければフォローお願いしますm(__)m

-資産運用

Copyright© 医師の資産形成ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.