副業

医師におすすめの副業:医療系ライターとして在宅で楽に稼ぐ!

更新日:

こんにちは!

ドクターP
資産形成のために副業をがんばるドクターPです。

 

今回は医師におすすめの副業としての医療系記事のライティング(医療系ライター)について解説します!

 

医師(勤務医)の給料は(一部の例外をのぞき)けっして高くありません!

そこで、どうしてもアルバイト(外勤)が必要なのですが、週末の当直などを無理矢理つめこむのは得策ではありません。

夜中に起こされるリスクがあって体力を消耗するだけではなく、家族(あるいはパートナー)との貴重な時間が奪われます。

 

そこで、なにか、家(在宅)で楽にできる副業をはじめましょう。

医師におすすめの副業はいろいろあるのですが、簡単にはじめることができ、けっこう稼げるのは「医療系ライター」です。

これは、医療系記事のライティングをする副業です。

今回は忙しい医師におすすめの副業としての医療系ライターについて、メリット、はじめる方法、実際の稼ぎ方について詳しく解説します。

この記事のまとめ

医師の業として医療系ライターをおすすめする理由

  • 自宅で好きな時間に作業ができる
  • 医師の専門性が評価され、高収入が期待できる

以上です。

医師が副業として医療系ライターをはじめるメリット

まず、医師が副業として医療系記事のライティングをするメリットをあげてみます。

医師としての知識や経験が生かせる

医療系の記事ライティングには、あなたの医師としての知識や経験が生かせます。

とくに専門分野の記事を書くことは難しくないと思います。

あたりまえですが、医師が書く医療系記事は(一般のライターが書く記事よりも)信頼度が高くなります。

在宅で好きな時間にできる

ライティングの仕事は、自宅で(またはカフェなどお気に入りの場所で)自由な時間にできます

つまり、当直などと違って身体的・時間的拘束がありません。

PCやスマホさえあれば、いつでもどこでも作業できます。

医療系記事は高単価

医療系記事は、他の一般的な記事とくらべて単価が高く設定される傾向にあります。

したがって、報酬も高くなります。

たとえば、こちらはランサーズの「医療系記事執筆ライター募集」の案件ですが、1記事6000円と高単価です。

ドクターP
わたしも医療系記事のライティングをしていますが、月に5万円程度の収入があります

医療系ライター(医療記事のライティング)をはじめる方法

医療系ライターをはじめる方法としては、クラウドソーシングの会社に登録するか、ライティング専門の会社に登録する方法があります。

クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい企業や個人(発注者)と、仕事を受注したい企業や個人(受注者)とを、インターネット上でマッチングさせるシステムです。

仕事の内容としては、記事作成(ライティング)の案件が多く、その他にはイラスト作成、プログラミング、ホームページ制作、翻訳、動画作成、コンサルティングなどがあります。

ただ、自分で案件に応募したり、直接クライアントと記事単価(報酬)の交渉などをしなければいけません。

また、定期案件を獲得しなければコンスタントに仕事がくるわけではありませんので、そこが難点です。

とはいえ、まずは複数のクラウドソーシング会社(クラウドワークス、ランサーズなど)に登録し、案件を探すことからはじめましょう!

クラウドソーシングについてはこちらの記事をどうぞ。

まとめ

  • 医師はその専門性を生かして医療系ライターの副業をしましょう
  • 在宅でしかもスキマ時間に作業ができ、高収入が期待できます
  • まずはクラウドソーシング会社に登録しましょう!
The following two tabs change content below.

ドクターP

地方の病院で働いている貧乏なアラフィフ勤務医です。貯金ゼロのどん底を経験しました。50歳から人生を逆転し、短期間で1億の資産を構築する方法を皆さんとシェアします。 ☞ よろしければフォローお願いしますm(__)m

-副業

Copyright© 医師の資産形成ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.