副業

「忙しくて副業なんてできない!」医師の方へ:スキマ時間の有効活用法

更新日:

ドクターP
こんにちは!1億円の資産をめざすドクターPです。

 

今日は、「忙しくて副業なんてできない!」という医師の方へ、副業で10万円以上を稼ぎ出している私が実践する「時間の生み出し方」を紹介します

 

「短期間で1億円の資産を形成するためには、医師(勤務医)の給料だけでは足りない」ということを述べてきました。

つまり、医師も副業をして収入をさらに増やす必要があります

当ブログでは、医師の副業として、ブログ(アフィリエイト)クラウドソーシングをおすすめしてきました。

しかし、じっさいには「忙しくて副業なんてできない!」というドクターも多いでしょう。

私もそう思っていました。

ところが、実際には人間追いつめられると、何でもできるものです。

貯金ゼロになってからは、がむしゃらに稼ぐことが必要となったため、忙しい毎日でも副業のための時間を生み出すことを覚えました!

その方法とは、

  • スキマ時間を有効活用する
  • 副業中に副業する
  • 面倒くさい仕事は外注する
  • 休みの日も副業の時間をとる

以上です。

では、詳しく解説していきます。

医師は忙しい

当たり前ですが、医師の仕事は忙しいものです。

朝早くから病棟の回診や検査、外来、薬の処方、治療(手術)などに追われ、夜も8~9時頃まで働くこともフツーにあります。

じっさいに私の以前の生活を紹介すると、

朝はギリギリまで寝て、起き抜けにコーヒーだけ飲んで職場へ向かい、夜は家に帰って夕食をすませてお風呂に入ると、すぐに睡魔に襲われてベッドに直行(笑)。

たまの休みも遅くまでゴロゴロと寝ていて、起きてから家族の用事につきあって出かけ、帰ってくるとすでに夜。

みなさんも、こんな生活をしていませんか?

「副業にあてる時間なんてあるわけない」

私自身もそう思っていました。

でも、(どんなに忙しくても)時間は生み出すことができるのです。

どうやって時間を生み出せばよいのでしょうか?

忙しい医師が、副業のための時間の生み出し方を考えてみました!

スキマ(隙間)時間を有効活用する

医師の忙しい1日のなかで、何時間もまとまった時間を作ることは、まず期待できません。

ですので、10分~20分のスキマ時間を有効活用すべきです。

例えば、10分のスキマ時間でも6回作れば、1時間になります。

まさに「チリも積もれば山となる」

こうすることで、副業をする時間を生み出すことができるのです。

スキマ時間のつくり出し方

スキマ時間の作り方を紹介します。

  1. 朝10分だけ早く起きる
  2. トイレでも本やスマホで情報収集(ブログネタなどを探す)
  3. お昼休みを10分間だけ副業にあてる
  4. 会議やカンファレンスの時間にスマホやパソコンで副業する
  5. 寝る前に10分間だけ副業する

どうですか?意外と時間が作れそうでしょう?

スキマ時間にすぐに作業にとりかかれるように、パソコンやスマホを持ち歩き、ワードなどの作業画面を開いておきましょう

ドクターP
私も行く先々にノート型パソコンを持ち歩き、スキマ時間を見つけてはブログを書いたり、医療記事を書いたりしています。

副業中に副業をして時間単価を上げる

先日こんなツイートをしました。


そう、医師の場合、アルバイト(外勤)の診察の合間など暇な時間に副業ができるのです。

どんなに忙しい病院でも、10分くらいの空き時間はみつけられます。

この時間を有効利用して、副業をしましょう。

つまり、副業中に副業をするということです。

こうすることにって、普通に働くよりも2倍(あるいはそれ以上)のお金を生み出すことができます。

とくに、あまり呼び出しのないアルバイト(外勤先)では、結構、仕事がすすみます。

面倒くさい仕事は外注する

副業をやりはじめると、どうしても面倒くさい(時間がかかる)仕事が増えてきます。

そんなとき、自分は重要なタスクに集中し、誰でもできるような仕事は外注するという方法があります。

たとえば、ちょっとした調べもの(リサーチ)、ウェブページの編集やアップデート、ブログなどに使う画像の加工や編集、フェイスブックやツイッターなどSNSの投稿・管理などなど・・・

こういった仕事は、忙しいあなたじゃなくてもできます。

そこで、誰でもできる仕事はおもいきって外注してみましょう。

ちなみに私が利用しているのが、こちらのフジ子さんです。

フジ子さんは、 必要なときに必要なだけ仕事を頼めるオンラインアシスタントです。

つまり、秘書さんですね!

基本的に、パソコンでできる業務は何でも依頼可能です。


また、同じようなサービスを提供する他社と比べて圧倒的に低価格(業界水準のおよそ半額)です。

今では、自分がブログなどの記事をワードでざっと書くだけで、後の画像や編集、ウェブサイトへのアップなどは一切任せています。頼もしい私の秘書となっています。

おかげで自分の仕事に集中でき、時間がずいぶん節約できるようになりました!

忙しい医師のオンライン秘書

フジ子さんの無料トライアルを試してみる

※面倒くさい雑務は外注しましょう

休みの日も副業の時間をとる

最後に、休みの日も副業の時間を30分~1時間でもいいのでとりましょう

朝早く起きるのもよし、夜寝る前に時間を確保するのもいいでしょう。

とにかく、一日中ダラダラと過ごすのではなく、短時間でもいいので副業の時間を作る。

そうすることによって、副業が習慣になって、楽にできるようになります

習慣でマネタイズできるようになったら理想的です!

まとめ

忙しい医師が、副業のための時間を生み出す方法とは、

  • スキマ時間を有効活用する
  • 副業中に副業する
  • 面倒くさい(時間のかかる)仕事は外注する(アシスタントに頼む)
  • 休みの日も副業の時間をとる

以上です!

ドクターP
「忙しい」、「時間がない」といった言い訳は今日でやめましょう。そして、副業で収入を増やして短期間で資産形成を目指しましょう!
The following two tabs change content below.

ドクターP

地方の病院で働いている貧乏なアラフィフ勤務医です。貯金ゼロのどん底を経験しました。50歳から人生を逆転し、短期間で1億の資産を構築する方法を皆さんとシェアします。 ☞ よろしければフォローお願いしますm(__)m

-副業

Copyright© 医師の資産形成ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.