転職・ネーベン

コロナで医師も失業(リストラ)?今から転職先を探しておく必要性

投稿日:

ドクターP
こんにちは、コロナで仕事が減ったドクターPです!

 

新型コロナウイルス感染拡大によって、多くの医師の収入減および失業が懸念されています

 

そこで、今からコロナの影響の少ない職場(病院)への転職も考えることをおすすめします!

新型コロナウイルスによって医師が失業する?

今回のコロナショックで、病院の収益は悪化しているということはご存じだと思いますが、

じっさいに、日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会の3団体が5月18日に公表した「新型コロナウイルス感染拡大による病院経営状況緊急調査」(速報)から、

新型コロナウイルス感染症患者を受け入れた病院では、2020年4月の医業利益率はマイナス11.8%に、病棟を閉鎖せざるを得なかった病院では、同じくマイナス16.0%にまで落ち込んでいる―。

というショッキングなニュースが・・・

さらに、朝日新聞では、このようなタイトルの記事が・・・

「賞与が3分の1「泣きそう」医療者、コロナで待遇悪化」

職員の夏の一時金を、当初想定していた額の3分の1に引き下げる病院もある。

とのこと。

病院の収益悪化のとばっちりは、まずは人件費にくるのは当然の流れでしょう。

ボーナスが減るだけならまだしも、通常の給料も減ることが予想されます。

さらに、人員整理(リストラ、解雇)の対象となる可能性もゼロではありません。

最悪、病院が倒産することも考えておかないといけません。

これは決して対岸の火事ではなく、今後、すべての医師が収入が減ること、さらには失業のリスクを抱えているということです。

そうなってからでは遅いのです。

コロナの影響が少ない職場(病院)への転職

どんな病院が危ないのでしょうか?

まず第1に、コロナを受け入れている感染症の指定病院はとても危険です。

個人的には、すぐにでも辞めた方がいいと思います。

一般の市中病院でも受診患者、検査件数、手術件数などが大幅に減り、収入減のところがほとんどでしょう。

一方で、今後、収益が変わらない、あるいは増えると予想されるのは、

療養型病院

遠隔医療や訪問診療をとりいれているクリニック等でしょう。

つまり、外来診療がない病院や、こちらから患者の診察へ出向く医療スタイルです。

ドクターP
そこで、今からコロナの影響が少ない職場への転職を考えてみましょう。

医師の転職なら

医師が転職する場合、転職エージェントを利用すると思います。

いくつかの医師転職エージェントを利用し、じっさいに転職を経験した私のおすすめは、エムスリーキャリアです。

まずは、無料の登録をして転職(常勤)の希望を伝えると、担当スタッフ(専門の転職コンサルタント)から連絡があります。

私の場合、年収、ポスト、勤務日、務時間、当直の有無、有給休暇、学会の費用補助など、細かく条件を設定し、担当スタッフに伝えました。

スタッフの方と何度かメールでやりとりし、いくつかの候補となった病院へ面接に行きました(もちろん面接にはスタッフが同行してくれました)。

そのうちの一つ(最もよい条件を提示してくれた病院)に決めましたが、結果的に、希望の条件で転職することができました。

というわけで、さんざん悩みましたが、今では思い切って転職して本当によかったと思っています

 

エムスリーキャリアが良かった点

  • 一般に公開していない、いわゆる「非公開求人」も多数あること
  • 他のエージェントよりも有利な求人・案件が多いこと
  • スタッフが親切でレスポンスが早いこと
  • 転職コンサルタント条件交渉力が高いこと
  • 豊富な転職実績があること(転職希望医師の登録実績6年連続No.1)

ということで、医師の転職には、エムスリーキャリアをおすすめします。

まとめ

コロナの影響で、病院によっては医師の収入が減ったり、失業(リストラ)することが予想されます

「自分は大丈夫」と思っているあなた、明日は我が身です!

そうならないうちに、転職先を探しておきましょう。

The following two tabs change content below.

ドクターP

地方の病院で働いている貧乏なアラフィフ勤務医です。貯金ゼロのどん底を経験しました。50歳から人生を逆転し、短期間で1億の資産を構築する方法を皆さんとシェアします。 ☞ よろしければフォローお願いしますm(__)m

-転職・ネーベン

Copyright© 医師の資産形成ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.