副業

コロナで収入が減った医師は副業するしかない!

投稿日:

こんにちは! 副業でなんとか生活しているドクターPです。

 

今回は「コロナで収入が減った医師は副業するしかない」というお話です!

 

皆様においては、このたびの新型コロナウイルス感染拡大の影響はいかがでしょうか?

仕事が増えて忙しくなったドクター、仕事が減って暇になったドクター(わたしです。)、以前と変わらないドクター

いろいろでしょう。

ただ、収入の面では、やはり減ったのではないでしょうか

私も個人病院のネーベンが減り、かなりの収入源です。

あるいは、今は大丈夫だとしても、今後はもっと厳しい状況になるかもしれません・・・

というわけで、医師のみなさん!

今から本気で副業を考えましょう!!!

新型コロナウイルス感染拡大で医師の収入が減る

今回の新型コロナ感染拡大によって、医師の収入は減っています(今後、さらに減ることが予想されます)

病院の収益が激減し、そのしわ寄せが医師ふくめスタッフへの給料に反映されつつあります。

Yahooニュースに「大学病院を襲うコロナ危機とは?」というタイトルで、医師の石蔵文信先生が、今回のコロナ禍によって大学病院および医師個人の収入が激減するという記事を投稿されています。

以下、引用させてもらいます。

個人の収入も激減

 大学病院には正規のスタッフの他に大学院生や薄給や無給で働く非常勤医師も大勢います。働き方改革でこのような中途半端な立場の医師をどのように処遇するかが大きな問題となっていました。薄給や無給の医師の収入は地域の病院での外勤(アルバイト)です。

 医師の足らない病院との関係は良好でしたが、新型コロナウイルスのまん延で外来患者がかなり減った診療所や病院では外勤(アルバイト)の雇い止めが始まっています。また、他府県に外勤している場合は「しばらく来ないで欲しい」とも言われているようで、大学病院のみならず、個々の医師の収入もかなり減少するでしょう

・・・・(中略)・・・・

たとえ、新型コロナウイルスが終息しても、経営再建のために人員削減もしくは給与の見直しなどに着手する可能性があります。

「大学病院を襲うコロナ危機とは?」より

こわいですね!

わたしも、同じようなことを聞きました。

他県へのアルバイトは原則、禁止っぽいですね。

外勤(ネーベン)が減ったり、なくなったりすると、医師は生活できません。

なんとかしなければいけません。

コロナで収入が減った医師は副業するしかない!

と言うわけで、今すぐ副業をはじめましょう。

医師におすすめの副業をあげてみると、

2.ポイントサイト/アンケートモニター(ネット系)
3.駐車場シェア(シェアビジネス)
4.クラウドソーシング
5.ダイエットコーチング(インストラクター系)
6.治験モニター(おとく系)
7.翻訳者(スペシャリスト系)
8.セミナー講師(スペシャリスト系)
9.ファイナンシャルプランナー(スペシャリスト系)
10.太陽光発電(無人事業系)

などがあります。

 

手っ取り早くお金をゲットしたい医師には、つぎの2つの副業をおすすめします。

1.医師を売りにするクラウドソーシング

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい企業や個人(発注者)と、仕事を受注したい企業や個人(受注者)とを、インターネット上でマッチングさせるシステムです。

仕事の内容としては、おもに記事作成(ライティング)、イラスト作成、プログラミング、ホームページ制作、翻訳、動画作成、コンサルティングなどです。

このうち、医師免許の威力を発揮するのが、医療記事の作成および監修です

医療記事の作成や監修は、通常の記事に比べて報酬が高いのが特徴です。

記事1本で、作成が1万円~、監修でも5000円~が相場です。

さまざまなクラウドソーシングのサービス会社がありますが、

アナザーワークス

ランサーズ

クラウドワークス

の3つがおすすめです。

まずは、アナザーワークスに登録しましょう。

アナザーワークスは、登録も利用も一切無料で企業と直接契約できる複業プラットフォームです。

リリース3ヶ月でユーザー数が1,200名を超え、右肩上がりに伸びています。

医師であるというメリットを生かすなら、高額案件や直接契約できるサービスを提供してくれるアナザーワークスがおすすめです。

アナザーワークスの特徴

  • 登録・利用料も無料
  • クライアント(企業)と直接契約が可能
  • 高額案件をゲットできる

アナザーワークスに無料登録する

実際に私も登録していますが、Facebook経由で簡単に登録できます

このとき、職種は「制作・ライター」を選択します。

さらに、得意とするスキルには必ず「医師」を入力し、アピールしてください

まずは登録して仕事をゲットしましょう!

クラウドソーシングについては、こちらの記事をどうぞ

2.医師としての経験を生かしたアフィリエイト

アフィリエイトとは「成功報酬型広告」のことです。

つまり、あなたのブログやホームページ内で商品や情報、サービスなどを紹介し、その商品などが売れた場合に報酬をもらえる仕組みのことです。

そう、こういうやつ(ここでは、アフィリエイト会社のA8ネット)です⇩



あなたのサイトやブログを訪れた人がこれをクリックして、物を買ったり、入会したり、資料請求などをした場合、あなたに報酬(金額はまちまち)が発生するという仕組みです。

非常に簡単な仕組みで、1日もあればできます!

ただし、このアフィリエイトをするためには、自分のブログやサイトをもっている必要があります。

ブログはちょっと時間がかかりますが、実はホームページ(サイト)はタダで簡単に作れます

ドクターP
その作り方がペライチです。

まずペライチでホームページ(サイト)をつくる

ちょっとしたホームページ(サイト)は、こちらのペライチでつくることをおすすめします。

ホームページの作り方を知らない初心者でも、かんたんな3ステップだけでホームページをあっという間に公開できます。

たとえば、「現役医師がすすめるXXXXX」といった1ページだけの商品紹介サイトを作ることができます。

こういうサイトを紹介する商品別に量産するのもいいですね。

しかもスタートプランは無料ですので、ノーリスクで自分のホームページを作ってみたい人にピッタリです!

実際に、わたしはこのアフィリエイトで月に5~20万円ほどの副収入を得ています。

詳しくはこちらの記事をどうぞ

以上です!

まとめ

コロナの影響で、医師の収入は確実に減ります!

今から本気で副業をはじめましょう。

おすすめは、クラウドソーシングとアフィリエイトです。

どちらも医師としての武器を生かせる仕事です!

The following two tabs change content below.

ドクターP

地方の病院で働いている貧乏なアラフィフ勤務医です。貯金ゼロのどん底を経験しました。50歳から人生を逆転し、短期間で1億の資産を構築する方法を皆さんとシェアします。 ☞ よろしければフォローお願いしますm(__)m

-副業

Copyright© 医師の資産形成ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.